校長あいさつ

牛来生人 校長

 学校長挨拶

宮城県富谷高等学校 校長 牛来 生人(ごらい いくと)

 本校は,社会の変化や生徒の多様化に柔軟に対応し他の高等学校の活性化を促進できるパイロットスクールとして,平成6年4月に創立されました。その趣旨に基づき,理数・人文・国際の3つのコースが設けられ,以来「進取」「明知」「自律」「協同」を校訓として,生徒一人一人の個性を尊重し,国際的な視野に立って広く社会の発展と文化の創造に貢献できる人物の育成を目標として参りました。令和3年3月時点で卒業生は7396人を数え,県内はもとより全国各地で活躍しております。平成26年に国連のユネスコスクールに加盟し持続可能な開発のための教育(ESD)や持続可能な開発目標(SDGs)の観点を教育課程に採り入れ教育内容を進化させ,平成31年4月には建学の精神を生かしながら生徒の多様な進路希望により柔軟に対応すべく,コース制から理数類型・人文類型・国際類型の3類型制選択制の普通高校として新たなスタートを切りました。基礎基本の理解と定着を重視し,将来の社会を支える一員としての素養を身につけることのできる質の高い授業の実現を図るとともに,富谷市との連携を密にしながら多様な教育活動を実践し,平和・人権教育,異文化理解,環境教育等に力を入れております。
 本校の生徒は自主的・主体的姿勢で学習に臨み,多様な進路選択を果たしております。また,特別活動や部活動など,学校生活のすべての場面で誠実かつ真摯な姿勢で取り組み,これからの社会に求められる課題解決力・発信力を高めるべく努力しています。多様な教育に対応できる校舎,ICT教育に対応する機材等を用意し,本校職員が一丸となって,新しい教育理念に応えられるよう日々,研鑽に励んでおります。
 学校教育に対する様々な期待が寄せられる中,私どもは教育の原点に立ち日々の着実な教育実践を丁寧に行い,生徒の成長に寄与することが最も大切であると考えております。今後とも富谷高等学校へのご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 

校長式辞

 

令和4年4月8日(金) 入学式式辞