学校ブログ(カリヨンの調べ)

学校ブログ(カリヨンの調べ)

平成30年度 第24回樹咲祭

 8月31日(金)樹咲祭1日目校内発表として,ポスター&テーマ賞の表彰や,ダンス部・弦楽合奏部・吹奏楽部・演劇部のステージ発表がありました。

平成30年度 第24回樹咲祭記念講演

 8月30日(木)本校7回生OBであり,ソチ~平昌冬季オリンピック・スケルトン競技に出場した髙橋弘篤氏を招き,「オリンピックに出場して」という題目で講演していただきました。

平成30年度児童生徒健全育成ボランティア「アルカス」防犯キャンペーン

 8月24日(金)イオンモール富谷にて,TMYアルカス(富谷高校生徒会)と大和警察署,並びに黒川地区少年補導員と共同で,防犯キャンペーンを実施しました。県警シンボルマスコット「みやぎくん」と一緒に,チラシや防犯グッズを配布し,防犯や振り込め詐欺被害防止,インターネット安全利用等を呼びかけました。

 

吹奏楽部 8月7日(火)~10日(金) 第42回全国高等学校総合文化祭 信州総文2018  総合開会式パレード および マーチング・バトントワリング部門参加

 吹奏楽部は信州総文2018のマーチング・バトントワリング部門に参加し,8月7日に松本市で行われた総合開会式パレードと,8月9日に長野市のエムウエーブ(長野市オリンピック記念アリーナ)で行われたマーチング・バトントワリング部門に参加しました。
パレードでは滋賀県の立命館守山高校バトン部のみなさんと一緒に隊列を組んで松本市内を行進し,エムウエーブでのマーチング演技は,全国で初めての舞台で大変緊張しましたが,観客からの声援も受け,自分たちの力を出し切ることができたと思います。さらに自分たちの本番以外に,全国の参加校との交流会にも参加し,大変素晴らしい時間を共有することができました。

2018年8月20日(月) 第42回全国高等学校総合文化祭【信州総文祭2018】美術・工芸部門参加

 

 

8月7日~11日の5日間,長野県各所を会場に,第42回全国高等学校総合文化祭【信州総文祭】が開催されました。最終日の8月11日(土)に行われた美術・工芸部門~開会行事・講演講評会・生徒交流会には,本校美術部員が県代表の一人として参加しました。
生徒交流会では対話型鑑賞「作者の想いを語り交流しよう」というテーマで,全国代表作品・生徒をグループの班に分かれて鑑賞を行いました。その中で「PEACE-Apple-Project」という活動の一環として,お土産用リンゴの張り子に参加者同士によるサイン交換を行いながら,互いの想い創作意図、地元の地域文化や将来の夢・進路などについて語り合い交流を深めることができました。

2018年8月6日(月)  成田小学校 “届けよう,服のチカラ”プロジェクト交流会

 本校では,ユネスコスクール加盟からユニクロが主催する「“届けよう,服のチカラ”プロジェクト」に参加をしております。ユネスコスクールでは学校間交流が重視されており,その一環として,8月29日(水),成田小学校の6年生と本校のユネスコ委員および希望者による子供服回収の呼びかけを目的とした交流会を実施することになりました。
 交流会では本校生徒が難民の現状やキャンプの様子をプレゼンテーションや動画によって伝え,子供服回収の呼びかけを行い,啓蒙ポスターや回収ボックスのデコレーションを小学生と協働で行います。
持続可能な社会の創り手として次世代を担う子どもたちが国際問題に関心を持ち,身近にできる社会貢献があることに気づいてくれることを願います。

成田東小学校“届けよう、服のチカラ”プロジェクト交流会

 

 本校では難民支援として子ども服の回収を行っています。この活動の輪を広げるために、7月19日(木)、成田東小学校の6年生と本校ユネスコ委員および有志による交流会が行われました。
交流会では、難民の現状やキャンプの様子をプレゼンテーションや動画を用いて伝えてきました。また、難民などの世界中で服を本当に必要としている人々に届ける活動を呼びかけるために、ポスターの協同作成や、回収ボックスのデコレーションを行いました。国際問題に関心を持つとともに、身近にできる社会貢献への意識付けとなりました。

ESD講演会(理数コース)

 

 

6月26日(火),1年生と2年生の理数コースを対象にESD(Education for Sustainable Development:持続可能な開発のための教育 )講演会が行われました。
一般財団法人航空宇宙技術振興財団より,木皿且人氏を講師に迎え,持続可能なエネルギーについて講演をしていただきました。講演会の前半では,クラス代表の生徒が世界の各地域における再生可能エネルギーについて,プレゼンテーションを行いました。富や資源は無限ではなく,限界のある地球をどのように良い状態で維持するか,そのために再生可能エネルギーの利用と開発がいかに重要であるかということを認識する時間となりました。

“届けよう、服のチカラ”プロジェクト出張授業

  

7月12日(木)、“届けよう、服のチカラ”プロジェクト出張授業が行われました。
ジーユーイオンタウン仙台泉大沢店の西塚いずみさん(本校16回生)を講師に迎え、難民の現状と服の持つ力について講義をしていただきました。“届けよう、服のチカラ”プロジェクトは、生徒が主体となって、着なくなった子ども服を回収して、難民の方々など世界中で服を本当に必要としている人々に届ける活動です。今後、生徒たちが校内・地域へ協力を呼びかけ、子ども服を回収・発送します。この活動を通じて、国際問題や環境問題に関心を持つだけでなく、自分にもできる国際貢献があると気づくきっかけとなるはずです。

平成30年度 第25回校内球技大会

 

 

7月4日~5日の2日間,校内球技大会が行われました。皆おそろいのクラスTシャツを身に纏い,サッカーやバスケットボールなど,各種競技で熱戦が繰りひろげられました。蒸し暑い天候の中,走って・跳んで・投げて・打って,熱く声援を送り,クラスの絆がさらに深まった2日間でした。